動画一覧

最新情報

メールマガジンバックナンバー

猪瀬直樹Facebook
  • Twitter
  • facebook
  • ニコニコ
  • メールマガジン
メールマガジン購読
猪瀬直樹の書籍直販コーナー

最新おすすめ書籍

勝ち抜く力 — なぜ「チームニッポン」は五輪を招致できたのか

PHPビジネス新書 2013年12月18日発売
840円(税別)
「2020年東京オリンピック・パラリンピック」招致成功の秘密を初公開!
情報力、交渉力、プレゼン力、おもてなしの力のすべて。

招致活動の最初の記者会見をロンドンから発信したことの重要性、情報を一元的に集約しロビー活動に戦略と戦術を導入、オールジャパン体制で同じ目標を共有、「アスリートファースト」を前面に押し出す、自ら65歳にして初マラソンを完走—。五輪招致の舞台裏で繰り広げられたドラマ。
勝ち抜く力

唱歌誕生 – ふるさとを創った男

中央公論新社 2013年5月25日発売
667円(税別)
こころざしをはたして いつの日にか帰らん
「朧月夜」「紅葉」「春の小川」そして「故郷」
明治の青年たちが「文部省唱歌」に込めた夢とは

誰もが若い日にさまざまな夢をいだく。だが実際に生きてみると、夢はあくまでも夢にすぎないことがわかってくる。……消えた夢についての想いが募るとき、人は酒に酔い歌を口ずさむ。
「夢は今もめぐりて/忘れがたき故郷……」
故郷とは、自分の若い日の夢が行き先を失い封印されている場所のことだ。
唱歌誕生 – ふるさとを創った男

解決する力

PHPビジネス新書 2012年10月20日
840円(税別)
「石原新党」や「尖閣諸島購入問題」、「東京電力とのバトル」、「オリンピック招致」、「災後社会のネットワークづくり」など、東京都のマネジメントに絡む出来事をネタに、問題解決力を磨く考え方、行動の仕方、強いメンタルの保ち方などをわかりやすく説く!
●「その日までが勝負」と「その日のみの勝負」
●改革とは具体的な数字を示すこと
● 決断は見切り発車で
●ツイッターがつないだ奇跡の絆
●日本人に足りない言語技術力
など、世の中の最前線で闘ってきた著者ならではのメッセージが満載。ヒット作『決断する力』に続く、臨場感あふれるビジネススキル読本
解決する力

決断する力

PHPビジネス新書 2012年3月17日
800円(税別)
「いざ」というとき、立ち止まるな!
走りながら考えろ。

ソーシャルネットワークを使った情報収集・発信、即断即決→事後承認、見えない恐怖を可視化する、先を見通してリスクの芽を摘む、昨日を基準に今日を生きない……。大震災後、東京都を陣頭指揮するリーダーが、首都直下型地震対策として自ら実践しているノウハウを、ビジネスマン向けにアレンジして紹介!
top_recommend_kd_img

言葉の力 -「作家の視点」で国をつくる

中央公論新社 2011年6月9日
740円(税別)
「『震災後』の最大の課題は言語技術です。ソーシャル・ネットワークの時代 だからこそ、ファクト(事実)やエビデンス(証拠)など根拠を示しながら、感情 に走らず、形容詞を使わず、百かゼロにならない議論ができるかどうかにかか ってくるでしょう。連休返上で『言葉の力』(中公新書)を書きました」

猪瀬ツイッターより

作家として、東京都副知事として進める「言語力再生」。
サッカー界にも導入された「言語技術」やツイッターやフェイスブックなど のソーシャル・ネットワークのほか、三島や太宰の文体にいたるまで、グロー バル時代に不可欠なコミュニケーション力の目的・手段を独自の視点で解説。

第一部 「言語技術とは何か」
第二部 「霞が関文学、永田町文学を解体せよ」
第三部 「未来型読書論」
言葉の力 -「作家の視点」で国をつくる

地下鉄は誰のものか

ちくま新書 2011年2月7日
740円(税別)
東京の地下鉄利用者に長年にわたり不便を強いてきた二重の運賃体系や駅の壁――これらの問題を解消するには東京メトロと都営地下鉄を経営統合するしかない。だが東京メトロは都営を置き去りにしたままでの完全民営化を狙い、国は利用者本位の交通政策よりもメトロ株式上場による売却益ばかりを考えている。
真の受益者たる利用者のため、東京都副知事が地下鉄改革に向けて立ち上がった。
地下鉄一元化に抵抗する東京メトロ・国土交通省との戦いを描く渾身のドキュメント
地下鉄は誰のものか