[MM日本国の研究750]「五輪招致プレゼンまずは順調」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年06月13日発行 第0750号 特別
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■    日本国の研究           
■■■    不安との訣別/再生のカルテ
■■■                       編集長 猪瀬直樹
**********************************************************************

http://www.inose.gr.jp/mailmag/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○  ○  ○ ○○○  5月25日発売     ●●● ●  ●   ●

□■『唱歌誕生』■□
(中公文庫 税込700円)

こころざしをはたして いつの日にか帰らん
「朧月夜」「紅葉」「春の小川」そして「故郷」
明治の青年たちが「文部省唱歌」に込めた夢とは


●amazonの購入サイトはこちら●

http://www.amazon.co.jp/dp/4122057965/

───────────────────────────────────

□■ 猪瀬直樹 facebook にふたつの“部屋”□■

https://www.facebook.com/inosenaoki

日々の動静はフェイスブックで発信中! ぜひ「フォロー」を。



facebook版「東京都知事の部屋」も開設。
こちらは「いいね!」をクリック。

http://www.facebook.com/governor.tokyo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「五輪招致プレゼンまずは順調」

□ 拍手喝采

ロシアのサンクトペテルブルクであった国際スポーツアコードに行ってきた。
国際オリンピック委員会(IOC)や国際競技連盟の代表者らが集まる年に一
度の会議なのだが、今年は特別。2020年夏季五輪の開催地を決める最初の招致
プレゼンテーションがあるからだ。

9月の候補地決定に向けてよいスタートを切りたいから、不退転の決意と情
熱で乗り切ろうと、僕は少し肩に力を入れて出掛けた。

結論から言えば、拍手喝采のプレゼンテーションになった。新聞は現場にい
ながらこういう場面をなかなか生き生きと描かないから、触れておきたい。

□ 準備万端

トップバッターのイスタンブールが終わり、東京の順番。実際に開催地を決
めるIOC委員たちを前にすると、さすがに張り詰めた空気がみなぎる。東京
招致委員会の竹田恒和理事長があいさつして、僕の出番が来た。持ち時間は3
分。仕事の合間に何度も練習してきた英語のスピーチだ。治安のよさ、日本人
の真面目さ、それから開催資金がすでに準備できていることを前面に出そうと
お金の話をした。

「財布を落としても中に入っているキャッシュごと戻ってきます」。会場から
どっと笑いが起きた。東京では年間、30億円の現金が持ち主の元に返る。開催
準備資金はすでに4000億円、「キャッシュで銀行にある」と言うと今度は「オ
ー」という驚きの声と笑いが交錯した。大イベントの費用は普通、開催が決ま
ってから予算化されるが、東京は準備万端だと強調したかった。

お金にまつわる話は時に嫌みに聞こえるが、みな好意的に受け取ってくれた。
会場全体の緊張が解けていくのが僕自身分かった。プレゼン後の会見では外国
人記者から「あのスピーチはスピルバーグを雇ったのか?」と聞かれもしたし、
まずは順調な滑り出しになったと安堵している。

□ よい経験

今回の旅はいきなり試練に直面した。羽田から乗り継ぎ地のフランクフルト
に向かう午前1時発の全日空機が故障。「あと1時間待って」が2時間になり、
とうとう欠航。翌朝の便に乗り換えた。サンクトペテルブルクでは渋滞に巻き
込まれて市長との会談に遅れそうになり、車を捨てて地下鉄で移動した。

けれど、そのおかげでよい経験もできた。飛行機の到着時刻が変わったため、
夜中の11時、ようやく日が沈むバルト海をみながら、かつてレニングラードと
呼ばれた歴史の街をジョギングできた。

サンクトの地下鉄は深度80メートルにあることも知ることができた。東京で
一番深い大江戸線でも40メートル。沼地だから深く掘らないと水が入ってきて
しまうようだ。そのために駅間も長い。地上のバスは各駅停車、地下鉄は急行
のような役割分担ができていた。興味あふれる旅でもあった。


(中日スポーツ2013年6月11日付の連載コラム「月刊猪瀬直樹」より)

□ 中日スポーツ「月刊猪瀬直樹」過去の記事はこちら http://bit.ly/12HgzFz


「日本国の研究」事務局 info@inose.gr.jp


猪瀬直樹の新着情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■出演情報

・6月17日(月)20:00~20:55 CSテレ朝チャンネル2『ニュースの深
層』に出演します。テーマは「就任半年 猪瀬都政を検証する」。キャスタ
ーは津田大介さんです。

■掲載情報

・6月5日発行『潮』7月号、連載対談「日本を変える次世代の騎手たち」
第13回にエル・システマジャパン代表理事の菊川穣氏との対談「音楽の力で
被災地の子どもに希望を」が掲載されました。

・6月10日発行『文藝春秋』7月号、特集「父への手紙、母への手紙」に、
「猪瀬直樹から母、久子へ 病床に届けた『約束』」が掲載されました。

・You Tubeにて、6月1日に放送された MXテレビ9CH『東京からはじめよ
う』(ゲスト:辻慎吾氏)が提供されています。
http://www.youtube.com/playlist?list=PL874C650250E25DD7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちら。 http://www.inose.gr.jp/mailmag/
ご意見・ご感想はメールでどうぞ。 info@inose.gr.jp
メールアドレスの変更の方はこちら。 http://inose.us6.list-manage.com/profile?u=e30f08ce9600dcb3d2b35359c&id=ebb8f69f08&e=
配信解除の方はこちら。 http://inose.us6.list-manage1.com/unsubscribe?u=e30f08ce9600dcb3d2b35359c&id=ebb8f69f08&e=&c=bce86fcee2
まぐまぐの配信解除は  http://www.mag2.com/m/0000064584.html

猪瀬直樹の公式ホームページはこちら。 http://www.inose.gr.jp/

○発行 猪瀬直樹事務所
○編集 猪瀬直樹
○Copyright (C) 猪瀬直樹事務所 2001-2013
○リンクはご自由におはりください。ただしこのページは一定期間を過ぎると
削除されることをあらかじめご了解ください。記事、発言等の転載について
は事務局までご連絡くださいますよう、お願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • facebook
  • ニコニコ
  • Newspicks