[MM日本国の研究751]「就任半年 猪瀬知事に聞く『時間の市場開拓を』」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年06月20日発行 第0751号 特別
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■■    日本国の研究           
■■■    不安との訣別/再生のカルテ
■■■                       編集長 猪瀬直樹
**********************************************************************

http://www.inose.gr.jp/mailmag/

◉——————————————————————–◉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○  ○  ○ ○○○  5月25日発売     ●●● ●  ●   ●

□■『唱歌誕生』■□
(中公文庫 税込700円)

こころざしをはたして いつの日にか帰らん
「朧月夜」「紅葉」「春の小川」そして「故郷」
明治の青年たちが「文部省唱歌」に込めた夢とは


●amazonの購入サイトはこちら●

http://www.amazon.co.jp/dp/4122057965/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

□■ 猪瀬直樹 facebook にふたつの“部屋”□■

https://www.facebook.com/inosenaoki

日々の動静はフェイスブックで発信中! ぜひ「フォロー」を。



facebook版「東京都知事の部屋」も開設。
こちらは「いいね!」をクリック。

http://www.facebook.com/governor.tokyo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「就任半年 猪瀬知事に聞く 『時間の市場開拓を』」

国内選挙史上最多の約434万票を獲得し、昨年12月に初当選をした都の猪
瀬直樹知事が18日で就任半年を迎える。猪瀬知事は産経新聞のインタビューに
応じ、副知事に就任した平成19年6月から6年となる実績を強調、交通政策や
24時間の国際都市・東京について、「JR山手線は昭和5年から変わっていな
い。時間の市場を開拓すべきだ」と思いを語った。

□ 知事就任半年だが

「五輪招致ばかりと言われることもあるが違う。通常業務プラス、五輪。東京
電力改革、地下鉄一元化、子育て支援…、副知事からの政策の連続性がある」

□ 雇用対策は

「ハローワークを国から移管させようと思ったが、機能していない状態では仕
方がない。求人と求職のミスマッチ解消などを『東京就活スタイル』として、
新たなモデルを開発する」

□ 少子化対策は

「都は認可保育所に対して認証保育所を増やし、小規模な『東京スマート保育
(スマ保)』を始めた。進めてきたものを、さらに追いかけていく」

□ 知事の目指す地下鉄の経営一元化はサービス一元化で十分との声もある

「改札が2つあり、乗り換え料金を払うのは別会社だから。サービス一元化を
突き詰めれば経営統合になる。既得権益があるから、経営統合という言葉を使
いたくない人がいる」

□ 都営バスの一部終夜運行も打ち出した

「バスの24時間運行はニューヨークやパリでもやっている。鉄道の緻密さは東
京が世界一。駅からは民間の深夜バスが出ており、そこにつなげる施策が必要」

□ 標準時の2時間前倒しを政府に提案した

「昭和5年の時刻表を見ると、山手線は4分間隔で動き、始発と終電も今と変
わらない。終電から逆算した人生をやめること。ニューヨークと東京では野球
やコンサートが始まる時間が1時間違う。アンコールの拍手も、終電が気にな
って気もそぞろだ。

残業したサラリーマンが焼き鳥で一杯引っかけるだけでは市場は拡大しない。
自由な時間市場を開拓すれば、タクシーやレストランも潤う。劇場などに活気
が生まれれば、アーティストを志す若者も増える」

□ 2時間前倒しには懸念もある

「たとえば学校は無理に当てはめる必要はない。サマータイムではなく、ウイ
ンタータイムがあってもいい。

昭和5年の終電は今で言えば深夜2時くらいに当たる。かつて、午後11時以
降に起きているのは大みそかの紅白歌合戦ぐらいだったが、今では当然。アフ
ター5(ファイブ)にスポーツし、音楽やアートに親しむ。湾岸地域には国際
会議場やホテルがありカジノもある。アフター5に男女が出会えば少子化対策
にもつながる。

昭和の銀座・数寄屋橋が描かれた『君の名は』は、会えないすれ違いのドラ
マ。今は携帯電話で必ず会えるが、時間の変化を意識化できていない。時間を
操るぐらいでなければ、イノベーションは生まれない。それは国家の機能だ」

□ 都が進めてきた世界の多都市間外交より、2都市間外交を重視するか

「先日訪問したロシア・サンクトペテルブルクでも、観光振興と廃棄物の処理
技術提供で一致した。上下水道の海外展開も進めている。北京も含めた2都市
間外交を進める」


(産経新聞 2013年6月18日 25面)



「日本国の研究」事務局 info@inose.gr.jp


猪瀬直樹の新着情報━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■掲載情報

・6月5日発行『潮』7月号、連載対談「日本を変える次世代の騎手たち」
第13回にエル・システマジャパン代表理事の菊川穣氏との対談「音楽の力で
被災地の子どもに希望を」が掲載されました。

・6月10日発行『文藝春秋』7月号、特集「父への手紙、母への手紙」に、
「猪瀬直樹から母、久子へ 病床に届けた『約束』」が掲載されました。

・You Tubeにて、6月1日に放送された MXテレビ9CH『東京からはじめよ
う』(ゲスト:辻慎吾氏)が提供されています。
http://www.youtube.com/playlist?list=PL874C650250E25DD7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
バックナンバーはこちら。 http://www.inose.gr.jp/mailmag/
ご意見・ご感想はメールでどうぞ。 info@inose.gr.jp
メールアドレスの変更の方はこちら。 http://inose.us6.list-manage.com/profile?u=e30f08ce9600dcb3d2b35359c&id=ebb8f69f08&e=
配信解除の方はこちら。 http://inose.us6.list-manage1.com/unsubscribe?u=e30f08ce9600dcb3d2b35359c&id=ebb8f69f08&e=&c=bce86fcee2
まぐまぐの配信解除は  http://www.mag2.com/m/0000064584.html

猪瀬直樹の公式ホームページはこちら。 http://www.inose.gr.jp/

○発行 猪瀬直樹事務所
○編集 猪瀬直樹
○Copyright (C) 猪瀬直樹事務所 2001-2013
○リンクはご自由におはりください。ただしこのページは一定期間を過ぎると
削除されることをあらかじめご了解ください。記事、発言等の転載について
は事務局までご連絡くださいますよう、お願いします。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Twitter
  • facebook
  • ニコニコ
  • Newspicks